HOME
コラム
はづき虹映のコラム
迷ったら、迷わず、楽しい道へ行く
宇宙に宣言したら、必ずお試しがやって来ます。
それは自分の本気度を確認できるチャンスです。

今月は今年1月と同じ「11:動揺の月」。
1月の「動揺」は、これから向かうべき方向を決断するための「迷い」に対するものでしたが、
今月の「動揺」は、未来への方向性を決めて一歩、踏み出したときに感じるもの。
今月、「動揺」するということは、輝かしい未来に向かって、
確実に一歩を踏み出した証だともいえるので、ここでひるむ必要はありませんし、
悪戯に怖がる必要もありません。

あなたが描く未来の夢やビジョンに関して、
現時点ではまだ影も形もないかもしれません。
どうやって、そこにたどり着けばいいのか、皆目見当がつかないかもしれません。
でも、それでいいのです。現時点でそこに至るルートが明確に見えている必要はありません。
むしろ、それが見えているとしたら、それはもはや夢でも、ビジョンでもなく、単なる予定。
それは日々、こなすべき「タスク」レベルのもの。残念ながら、
その「タスク」と、あなたが掲げる夢やビジョンは、別物だと言わざるを得ません。

あなたが先月、宇宙に本気で意図を放てば、宇宙は必ず応えてくれます。
それは「本当にこっちの方向でいいのね?」と、宇宙があなたに確認してくれているのです。
その際、あなたが「はい!もちろん!」と笑顔で答えられるか、
それとも「いいえ。そんな大それたこと…。無理です。とんでもありません」と謙遜して、
受け取り拒否をするのかが、今月だけでなく、
来年以降の波にのるための大事なコツ、ポイントだと言えるでしょう。

厳密に言えば、宇宙があなたを「試す」ことはありません。
「内なるあなた」が、あなた自身を試しているのです。
「内なる自分」、あなたの「潜在意識」が、
「その夢やビジョンを本気で実現する気はあるの?」と、
あなたの顕在意識に対して、問いかけてくれているのです。

「お試し」は、お金や仕事上のトラブル、人間関係のもめ事、
体調の変化など、いろんな顔をして現れます。
しかし、そうした「お試し」がやってくるとわかっていれば、大丈夫。
どんなトラブルがやって来ても、
「私はもう迷いません。迷ったら、迷わず、楽しい道へ行く!」と
笑顔で宣言して、自分らしい生き方を貫くだけ。それが今月の波にのるコツです。


【今月の「魔法のじゅもん」】:『迷ったら、迷わず、楽しい道へ行く』
【今月の「魔法のクセ」】: 「意識的に笑顔をつくり、上機嫌でいる」
2017年10月1日
これまでのコラム
2016年05月01日  迷ったら、やってみる
2016年01月01日  迷ったら、迷わず捨てる
2015年07月01日  出会った人は皆、家族
2015年01月01日  2015年新春ご挨拶